catch-img

失敗は成功の素 商業施設でのイベント失敗事例から学ぶ成功へのカギ

何をするにしても、初めてのこと・わからないことに挑戦する時、不安はつきものです。

商業施設のイベントでは『予想以上の売上で新規顧客も多く獲得できた』といった成功組から
『初めてで勝手がわからず想定外の事態が発生してしまった!』といったリベンジ希望組まで結果は大きく分かれます。
成功すると効果は大きいけど、失敗確率も高いから・・・・といって挑戦しないままではビジネスチャンスの喪失になってしまいます。

商業施設でのイベントは展開次第で大きな話題を生み
『顧客ターゲットの可視化』『顧客接点の拡大』『新たなファンの獲得』などリアル店舗ならではの収穫も期待できます。

残念ながら、一言で成功につながるキーワードはありませんが、
実際に発生した失敗をひとつひとつ改善していくことがイベントを成功させる為の重要なポイントになります。

本記事では商業施設のうち百貨店に焦点を当て、失敗事例とその対策について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.①顧客ターゲットの集客ができない
  2. 2.②広告に掲載した商品が届かない
  3. 3.③顧客ターゲットに商品を見てもらえない
  4. 4.④効果的な接客ができない
  5. 5.百貨店でのイベント開催は『イベマチ』へご相談下さい。


①顧客ターゲットの集客ができない

イベント開催で最大のポイントとなるのが集客です。お客様がいらっしゃらなければイベントは成り立ちません。
顧客ターゲットにどのように『認知』してもらい『来場』して貰うか初期設定が重要です。

中には『百貨店だから告知がなくても人が集まるだろう』と安易に考え、
『十分な事前告知なしでの開催で思うように集客できなかった』といった失敗例も多々あります。

百貨店には老若男女問わず多くのお客様が来店される為、一定の集客は期待できます。
しかしながら必ずしもその中に顧客ターゲットが含まれているとは限らず、
効果的な告知がなければイベントに気付いてもらえない可能性もあります。

顧客ターゲットに効果的に告知を行い、認知してもらう事と、
告知内容には開催日時とイベント概要だけでなく
『イベントに来場する事でどんな恩恵を得られるか』
というベネフィットまでしっかり訴求できればより顧客ターゲットの関心を引くことができます。


②広告に掲載した商品が届かない

物販イベントにおいて集客がクリア出来たら次に肝心なのは商品です。
品揃えについて考えるのは当然ですが、『納品手続き』も重要なポイントになります。

中には『広告で商品を多数掲載したにも関わらず、手違いでその商品が会期に届かなかった』
という事例もあるほど、意外と見落としがちなポイントです。

お客様は広告に掲載された商品を購入することを目的に来場されるため期待を大きく裏切る形になります。

『いつまでに・どこに・いくつ』用意するか、事前のチェックが漏れてしまわないよう万全の態勢で臨みましょう。

③顧客ターゲットに商品を見てもらえない

物販イベントの場合、『商品をどこで展開するか』も重要です。
百貨店ではお客様の層が各フロアで区分けされており
展開場所によっては顧客ターゲットの目に触れる機会を得られない可能性があります。

出展したロケーションと販売したい商品との相性が合わず
本来の顧客ターゲットに見て貰えなかったという事例もあります。

イベント企画の段階で『どのような人に商品を見て貰いたいのか』『どのような人に興味を持って貰いたいのか』
より具体的な顧客ターゲット像を設定する事が大切です。

顧客ターゲットが来場して貰える会場はどこなのかまで綿密に落とし込みを行いましょう。

④効果的な接客ができない

告知・商品手配・ターゲット設定・会場が決まったら、次に必要なのは要員手配です。

急遽、要員を募った結果、必要最低限の商品知識を有する販売員を集められず
効果的な接客ができなかったという事例もあります。
販売機会を損失してしまう事になります。

イベント開催が決まったら、どういうスキルを持った人が何人必要か
人員選定と確保もしっかり確認しましょう。

また、百貨店ではマナーも重視される為、TPOに合わせた接客ができる販売員を配置することも重要です。
百貨店でのイベント開催におけるマナーについては下記の記事もご参照下さい。


  百貨店での催事出展にまつわる注意事項六か条 | イベマチ|三越伊勢丹グループ店舗との最適なマッチングで新たな化学反応を 百貨店では連日、物販・展示・アミューズメントなど、様々なスタイルの催事が開催されており、どこも大きな盛上がりを見せております。 しかし、実はその裏には、お客様に心から楽しんで頂けるよう、出展者として守らなくてはいけないマナーやルールがあることを忘れてはいけません。 マナーやルールの中には“百貨店ならでは”のものが設けられている場合もありますので事前の確認が重要になります。 本記事では『マナー』『振る舞い』『販売・商品』の3つに分けて百貨店のイベント出展に於ける注意事項を紹介いたします。 イベマチ|三越伊勢丹グループ店舗との最適なマッチングで新たな化学反応を


百貨店でのイベント開催は『イベマチ』へ
ご相談下さい。

商業施設でのイベント失敗事例について、百貨店での開催に焦点を絞ってご紹介しました。

イベントを開催するには、告知・商品手配・ターゲット設定・展開場所の選定・接客など、
あらゆる事前準備が必要となる為、スケジュールは余裕を持って組むことをお勧めいたします。

尚、イベマチでは百貨店でのイベント開催を多角的にサポートしておりますので
今回ご紹介した事例のような失敗リスクを防止する事が可能です。

  • 広告やDMなど、あらゆる媒体で顧客ターゲットにアプロ―チする為、集客に於ける不安を解消いたします。
  • 顧客ターゲット設定含め、企画段階から伴走する為、抜け漏れやミスを事前にアドバイスいたします。
  • 三越伊勢丹グループが擁する『高品質な接客スキルを持つ販売員』を派遣できる為、効果的な接客が可能になります。

百貨店でのイベント開催に少しでも不安があれば、お気軽にイベマチへご相談下さい。
大切なイベントを成功に導けるようしっかりサポートさせて頂きます!

Contact お問い合わせ

サービスについてご不明な点はお気軽にお問い合わせください